岐阜県建築士会 飛騨支部

公益社団法人岐阜県建築士会
岐阜県建築士会公式HPはこちら

お知らせ

HOMEお知らせ来年度の飛騨支部活動の主な内容と目的

来年度の飛騨支部活動の主な内容と目的

農山村地域の『文化的景観の継承』への取組 (公社)岐阜県建築士会飛騨支部 支部長 田村 嘉伸

 

1. 平成31年度の活動と目的 来年度私達は第 3 回飛騨高山文化芸術祭こだま~れ 及び岐阜県建築士会地域貢献活動 助成事業に旧高山市を取り囲む農山村地域の『文化的景観の継承』という課題を掲げて参加 しようと考えています。

 

別紙の『こだま~れ 芸術祭の開催にあたって』の中に「豊かな人 間性や地域を愛する心を育む、人と人をつなぐ、地域にやさしさと活力を生み出すなど、

私 達が抱える課題を解決する方法のひとつとしても、文化芸術は有効」とあり、「文化芸術は、 最も広義の[文化]と捉えれば、およそ人間と人間の生活に関わる総体を意味するとしていま す。

つまり、文化芸術は、人々の営みの中で生まれ、育まれ、受け継がれてきてもので、私 達の暮らしの身近なところにあるといえます。」と結んでいます。

 

そして、『芸術祭が目指す もの』の中に「高山市は、恵まれた自然環境と長い歴史のなかで、地域独特の文化芸術を育 んできました。それらが国内はもとより、世界の人々をも魅了し、地域社会に活力を生み出 す大切な財産となっています。」とあり、「市民一人ひとりが文化芸術に関心をもち、その大 切さを理解する、市民一人ひとりが自分にとっての文化芸術に目を向け、「感動する喜び」、 「表現する喜び」、「共感する喜び」を感じる、そうした市民一人ひとりの活動が、私たちの 大切な財産となり、私たちの個性豊かで独自の文化芸術を心のなかに息づかせ、次代へとつ なぎ、あらたな文化芸術を生み出し、高山市に元気をもたらすものとなることを願っていま す。」と結んでいます。

 

『文化的景観』はその土地の風土・歴史・人々の生き方(生活する上での作法)・文化芸 術が長年に亘って受け継がれ熟成されてきたものの現れといえます。

激動する世の中にあ っても、生まれ育った町に愛着と誇りを持ち、住んでいてよかった、これからもずっと住み 続けていきたいと思うことができる町であるための方策を、こだま~れ及び地域貢献活動 を機として市民の方々と共に考えて行きたいとおもいます。

 

2. 対象地域 この取組は長期に渡ります。また、地域ごとに『文化的景観』は異なります。今回はモデ ルケースとして、高山市丹生川町の農山村重点地域に指定を受けている北方・法力地区を主 な対象といたします。

 

3. 活動期間 平成31年度から3年間 各年度の目標 1年目 1. 建築士会が丹生川町北方・法力地区において『農山村地域(里山)文化的景観の継承』 に取組むことを「こだま~れ」に参加することによって市民の方々特に地元の方々に認知し ていただく。 2. 「こだま~れ」は文化祭・芸術祭であるので市民参加のプロジェクトを行う。また、丹 生川の伝統建築に興味を持っていただけるプロジェクトを用意する。 3. 岐阜県建築士会地域貢献活動(3年間)補助事業の認可を受けることにより、建築士会 一体となった取組へと活動の輪を広げる。

 

4. 丹生川町内会や婦人会、青年会の方々の意見をできるだけ多く聞かせいただく。頃合い を見て、先進的に取組んでおられる地域の方々によるシンポジュームを開催し、更に意識を 高めていただく。

 

5. 対象地域の四季の移り変わりや行事の様子を映像に残す。

 

6. 対象地域をくまなく歩き、Design Code(美.の基準)を導き出す。

 

7. 地元を中心に活動する団体との連携を図る。

 

2年目

1. 上記5~7を継続する

2. この地区にふさわしい住宅及び2050年の丹生川町の姿を提案し地元の方々と『農山村 地域(里山)文化的景観の継承』についての話合いを数回行う。

 

3年目

1. 映像の編集をおこなう。

2. 丹生川町Design Code(美.の基準)を仕上げる 3. 提案し、議論を重ねたこの地区にふさわしい住宅及び2050年の丹生川町の姿をまとめ る。

 

4年目は再び「こだま~れ」に参加し、過去3年間の成果発表を行う。地域貢献活動の発表 会も同時に行う。

「31年度こだま~れ」実施事業

1. 夏休みの期間中に、高山市内の小学生(4~6年)を対象にして、丹生川在住の画家の 方にお願いして、丹生川の素晴らしい風景の話や、絵画教室を開催していただく。 ・参加希望者は、事前に撮っておいた写真をみて描く。 ・画用紙・絵の具は持参する。 ・参加者には記念品を贈る。

2. 名匠認定を受けておられる大工さんによる丹生川に現存する伝統建築物(荒川家・緒 方家・田中家・田上家など)を実際に見ながら勉強会を開催していただく。 ・伝統構法の仕組みを中心に説明していただく

3. 『丹生川町の文化的景観の継承』をテーマにシンポジュームを開催する ・丹生川文化ホールにて開催する。 ・真鶴町・白川村・高山市・大垣市上石津町時地区に参加のお願いをする。 ・講演とパネルディスカッション形式で行う。

尚、その他の事業や活動は地域貢献活動として行う。

 
岐阜県建築士会 飛騨支部
TEL:058-215-9361
FAX:058-215-9367
E-mail:info@gifukenchikushikai.or.jp